防水加工


住まいには、ベランダや屋上、外階段など防水加工が必要な箇所があります。
これらの箇所の経年劣化等を放置してしまうと、雨漏りやそれにともなう付帯部分の腐食やカビの発生につかながりますので早めの対策が必要です。


防水加工

防水加工手順


1.洗浄作業

防水加工

高圧洗浄及びケレン清掃を行い長年の汚れを洗い流します。エアコン室外機などは丁寧に寄せます。

2.下地処理

防水加工

床の凸凹をなくします。
写真は目地棒を外しています(ベランダの床と床との接合部で水の侵入しやすい箇所でもあるので剥してシーリングで完全に塞ぎます)。 ※床目地、目地棒などの言い方をします。

3.プライマー塗り

防水加工

防水塗料の密着をよくするために、プライマーを塗ります。

4.シーリング

防水加工

入隅・出隅・ひび割れ等の防水効果を高めるため、シーリングで埋めます。

5.防水塗料(主剤)

防水加工

防水塗料を細部までむらなく均一に流し込みます。

6.トップコート

防水加工

防水塗料の保護のため、トップコートを塗ります。刷毛による塗りムラが出ないように綺麗に仕上げます。

7.施工完了

防水加工

しっかりした防水効果と凸凹がないので水溜りが出来にくく、排水溝へ水を流してくれます。

※写真はイメージです。手順は、外壁・屋根・付帯部分などの現況等により一部変更になる場合があります。

リフォームする

お気軽にお問い合わせください。048-952-1912受付時間 9:00-18:00

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。