外壁の塗り替え


外壁塗装は家の汚れをきれいにするだけではなく、建物の腐食防止や防水、更には遮熱効果など様々な役割を果たしています。
その為、外壁は住宅を長持ちさせる為に、メンテナンスが欠かせない箇所になります。
様々な塗料がございますので、目的や用途に合わせた塗料選びが重要になります。「住まいるシンソウ」では、外壁の現状把握を行い、しっかりと長く建物を使い続けられるよう外壁塗装・塗り替えでお手伝いさせていただきます。


外壁塗り替え

外壁の塗り替え手順


1.仮足場設置

外壁塗り替え

外壁全体の塗り替えをする場合は、まず周囲に仮設足場を設置します。
仮設足場を組み、足場全体に飛散防止シートを装着します。これらの作業は、塗装職人がスムーズに作業を行えるようにすると共に塗料やほこりなどの飛散を防止したり、周囲や塗装職人の安全を守るのに役立ちます。

2.高圧洗浄

外壁塗り替え

外壁に水を高圧で吹き付ける、高圧洗浄を行います。高圧洗浄ではほこり、苔、カビや藻類などの外壁の汚れや、古い塗装面の表層樹脂を落とします。
この作業により、塗り替え時の塗料の密着がよくなり美しく、耐久性のある仕上がりにつながります。

3.シーリング打ち替え

外壁塗り替え

外壁の継ぎ目やサッシ等の建具との隙間から雨水等が入り込まないように既存のシーリング材を取り除き、柔軟性のある新しいシーリング素材に打ち替える作業を行います。
シーリング素材は、経年により硬化したり、亀裂や剥がれたりしますので、この作業により防水性を高めます。

4.クラック処理

外壁塗り替え

外壁に”ひび”がある場合は、クラック処理というひびを補修する作業を行います。
ひび部分には専用の補修材を用いて補修します。この作業は、塗り替え後の水の侵入を防ぐ大切な作業です。 鉄部については、錆が発生している場合は錆落としをします。

5.養生作業

外壁塗り替え

塗装の前段階として塗装しない部分をビニール素材などで保護する養生作業をします。
自動車や植木などの周辺についても必要に応じてカバーをかけて保護します。 細かく手間のかかる作業ですが、この作業により不要な部分の塗装のはみ出しなどをなくし、美しい仕上がりを実現します。

6.外壁下塗り

外壁塗り替え

塗装の第一段階として、外壁に専用塗料を下塗りします。
この作業により、塗料の蜜着を高めると共に、塗料の剥がれを防ぎます。

7.外壁中塗り・上塗り

外壁塗り替え

下塗り後に中塗り、上塗りとして2回塗りします。
この作業により美しい仕上がりとともに耐久性のある塗り替えを実現します。

8.確認作業

外壁塗り替え

足場を解体する前に、塗装面を最終確認します。
この作業により、塗料のはみ出しや塗り残しなど防ぎます。 確認された場合は、手直し作業を行います。

9.仮説足場解体・清掃作業

外壁塗り替え

最終確認が完了しましたら、飛散防止シートを取り外し仮設足場を解体します。 足場解体後に仕上げ作業として周囲を清掃し、施工前の状態に現状復帰します。

※写真はイメージです。手順は、外壁・屋根・付帯部分などの現況等により一部変更になる場合があります。

リフォームする

お気軽にお問い合わせください。048-952-1912受付時間 9:00-18:00

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。