シーリング打ち替え


外壁の継ぎ目やサッシ等の建具との隙間から雨水等が入り込まないように既存のシーリング材を取り除き、柔軟性のある新しいシーリング素材に打ち替える作業を行います。
シーリング素材は、経年により硬化したり、亀裂や剥がれたりしますので、この作業により防水性を高めます。


シーリング打ち替え

シーリング打ち替え手順


1.シーリング劣化確認

シーリング打ち替え

経年劣化でシーリングがひび割れしています。

2.劣化シーリング抜き取り

シーリング打ち替え

カッターを使って劣化したシーリングを切ってから抜き取ります。

3.養生

シーリング打ち替え

シーリング材が外壁面やサッシなどの建具に付着しないように、ラッカーテープを使ってきれいに縁取りをします。

4.プライマー塗り

シーリング打ち替え

シーリング材を接着しやすくするために、プライマーという専用塗料を塗ります。

5.シーリング剤注入

シーリング打ち替え

シーリング材を注入します。

6.シーリング剤均し

シーリング打ち替え

シーリング材をハケできれいに均します。

7.定着確認

シーリング打ち替え

シーリング材の定着を確認して、最後にラッカーテープを剥がします。

8.施工完了

シーリング打ち替え

シーリング工事の完了です。 これで、外壁や屋根、サッシ等の継ぎ目から、雨水などが侵入することを防ぎます。

※写真はイメージです。手順は、外壁・屋根・付帯部分などの現況等により一部変更になる場合があります。

リフォームする

お気軽にお問い合わせください。048-952-1912受付時間 9:00-18:00

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。