屋根の塗り替え


屋根は家屋の塗装部位の中で風や雨、紫外線にさらされる場所の為、最も傷みやすい箇所で、かなりの耐久性が要求されます。
耐久性以外にも、冷暖房費の削減や環境への配慮を目的とした遮熱塗料など機能性を重視した屋根塗装も人気があります。「住まいるシンソウ」では、屋根の現状把握を行い、しっかりと長く建物を使い続けられるよう屋根塗装・塗り替えでお手伝いさせていただきます。


屋根塗り替え

屋根の塗り替え手順


1.仮足場設置

屋根塗り替え

屋根の塗り替えをする場合は、まず周囲に仮設足場を設置します。
これらの作業は、塗装職人がスムーズに作業を行えるようにすると共に周囲や塗装職人の安全を守るのに役立ちます。

2.高圧洗浄

屋根塗り替え

屋根に水を高圧で吹き付ける、高圧洗浄を行います。高圧洗浄ではほこり、苔、カビや藻類などの外壁の汚れや、古い塗装面の表層樹脂を落とします。
この作業により、塗り替え時の塗料の密着がよくなり美しく、耐久性のある仕上がりにつながります。

3.シーリング打ち替え

屋根塗り替え

屋根と外壁等の継ぎ目から雨水等が入り込まないようにシーリング打設されている場合は、既存のシーリング材を取り除き、柔軟性のある新しいシーリング素材を打ち替える作業を行います。
シーリング素材は、経年により硬化したり、亀裂や剥がれたりしますので、この作業により防水性を高めます。

4.屋根下塗り

屋根塗り替え

第一段階として、屋根にプライマーと呼ばれる専用塗料を下塗りします。
この作業により、塗料の蜜着を高めると共に、塗料の剥がれを防ぎます。

5.タスペーサー取り付け等

屋根塗り替え

タスペーサーと呼ばれる縁切り部材を挿入します。
この作業により屋根材の重なり部分に隙間ができ、雨水などが排水され易くなります。

6.屋根中塗り・上塗り

屋根塗り替え

下塗り後に中塗り、上塗りとして2回塗りします。
この作業により美しい仕上がりとともに耐久性のある塗り替えを実現します。

7.確認作業

屋根塗り替え

足場を解体する前に、塗装面を最終確認します。
この作業により、塗料のはみ出しや塗り残しなど防ぎます。確認された場合は、手直し作業を行います。

8.仮説足場解体・清掃

屋根塗り替え

最終確認が完了しましたら、仮設足場を解体します。
足場解体後に仕上げ作業として周囲を清掃し、施工前の状態に現状復帰します。

※写真はイメージです。手順は、外壁・屋根・付帯部分などの現況等により一部変更になる場合があります。

リフォームする

お気軽にお問い合わせください。048-952-1912受付時間 9:00-18:00

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。